ニアフィールドリスニング

- オーディオでたのしむ音楽の小宇宙 -

カテゴリ: 解説

演奏家と楽器とコンサートホールのすべてが重要です。音源と機器とリスニングルームのすべてが重要です。ベストバランスをさがします。
続きを読む

約 140 年におよぶオーディオの歴史をふりかえりました。ステレオレコード、CD、インターネット配信は大きな技術革新でした。オーディオ文化、オーディオ芸術が発展していきます。

続きを読む

新世代フォーマット MQA をつかった高音質ハイレゾストリーミングが普及しつつあります。

続きを読む

あなたのリスニングルームであなたがきいてみずから判断することが大切です。ショップや評論家の評価は参考程度にとどめた方がよいです。

続きを読む

ハイレゾは、オーディオのあらたな歴史をきりひらきます。パソコン・ USB-DAC ・アンプ・スピーカーがあればはじめられます。

続きを読む

よくできた小型スピーカーをつかって SACD を再生すると、音像定位と音響空間がみごとに再現でき、雰囲気のあるゆたかな音楽を表現することができます。

続きを読む

よくできたスピーカーをつかって適切にセッティングすれば、音像定位とゆたかな音場がたのしめます。オーディオに表現力をもとめた方が音楽がたのしめます。

続きを読む

演奏家が発する直接音だけでなく、音響の空間にもっと心をくばるようにするとよいでしょう。

続きを読む

ステレオ再生で音楽を聴くときには、共鳴や音像定位に注意してみるとよいでしょう。

続きを読む

楽器の仕組みについて知ることは、オーディオとくにスピーカーについて理解するためにとても役立ちます。

続きを読む

バッハを通して、音楽・音響・楽器の歴史をたどることはたのしいことです。さまざまな演奏家、いろいろなスタイルのバッハを再生させてみるとよいでしょう。

続きを読む

『ゼロから理解するオーディオ入門帳』(ONTOMO MOOK)はオーディオ入門のために最適です。オーディオシステムの構築は、スピーカーの選択とセッティングを中心にしてすすめていけばよいでしょう。

続きを読む

オーディオシステムで音楽を演奏(再生)することは、演奏会(ライブ)におとらない重要な芸術分野です。レコード演奏家は、レコードに記録された音楽に生命をあたえる能動的な表現者です。

続きを読む

小型スピーカーをつかったニアフィールドリスニングをすれば、コンサートホールで聴いているようなヴァーチャルリアリティの世界がひろがり、音楽に感動できます。

続きを読む

↑このページのトップヘ