ニアフィールドリスニング

- オーディオでたのしむ音楽の小宇宙 -

ハイレゾに対応したおすすめ USB-DAC(デジタル・アナログ変換器)です。

本文をよむ

ハイレゾは、オーディオのあらたな歴史をきりひらきます。パソコン・ USB-DAC ・アンプ・スピーカーがあればはじめられます。

本文をよむ

Focal のスピーカーは高解像・高音質であり、色彩感のあるこまやかな音楽表現ができ、響きもうつくしく、独特の雰囲気のよさももっています。いかにもフランス的な上質なスピーカーであり、Maide in France なのもいいです。
本文をよむ

よくできた小型スピーカーをつかって SACD を再生すると、音像定位と音響空間がみごとに再現でき、雰囲気のあるゆたかな音楽を表現することができます。

本文をよむ

よくできたスピーカーをつかって適切にセッティングすれば、音像定位とゆたかな音場がたのしめます。オーディオに表現力をもとめた方が音楽がたのしめます。

本文をよむ

パッシブスピーカー(普通のスピーカー)とつなぐだけでスマホも CD もたのしめます。アンプは別途 必要ありません。

本文をよむ

非常に高音質であり、音像定位と音場のひろがりにもすぐれ、低音も十分にでるスピーカー TAD ME1 は新世代のおすすめスピーカーです。

本文をよむ

アンプを買うなら、新型の DAC 搭載アンプがおすすめです。

本文をよむ

オールインワン・スピーカー:DALI ZENSOR1 AX。スマートフォンと Bluetooth 接続するだけで本格的なオーディオライフがすぐにはじめられます。
 
本文をよむ

演奏家が発する直接音だけでなく、音響の空間にもっと心をくばるようにするとよいでしょう。

本文をよむ

ステレオ再生で音楽を聴くときには、共鳴や音像定位に注意してみるとよいでしょう。

本文をよむ

楽器の仕組みについて知ることは、オーディオとくにスピーカーについて理解するためにとても役立ちます。

本文をよむ

バッハを通して、音楽・音響・楽器の歴史をたどることはたのしいことです。さまざまな演奏家、いろいろなスタイルのバッハを再生させてみるとよいでしょう。

本文をよむ

『ゼロから理解するオーディオ入門帳』(ONTOMO MOOK)はオーディオ入門のために最適です。オーディオシステムの構築は、スピーカーの選択とセッティングを中心にしてすすめていけばよいでしょう。

本文をよむ

オーディオシステムで音楽を演奏(再生)することは、演奏会(ライブ)におとらない重要な芸術分野です。レコード演奏家は、レコードに記録された音楽に生命をあたえる能動的な表現者です。

本文をよむ

小型スピーカーをつかったニアフィールドリスニングをすれば、コンサートホールで聴いているようなヴァーチャルリアリティの世界がひろがり、音楽に感動できます。

本文をよむ

↑このページのトップヘ