ニアフィールドリスニング

- オーディオでたのしむ音楽の小宇宙 -

時代のニーズにこたえる3機種がマランツから発表されました。オーディオ機器は比較すると、それぞれの特色・個性・性能がよくわかります。機器の選択では、バランスのよさを重視したほうがよいです。
本文をよむ

数学的なうつくしさがあります。その再生には、スイッチングアンプとモニタースピーカーのくみあわせが最適です。自然の調和を感じてください。
本文をよむ

IMG_9500
JBL 4312G(左)と JBL 4312E(右)
旧モデル JBL 4312E はジャズ(やポップスやロック)をきくのにむきます。新モデル JBL 4312G はクラシック音楽もよくならし、現代的なスピーカーです。
本文をよむ

音源/プレーヤー、アンプ、スピーカーの基本的なしくみについてしっておくと機器の選択・購入がしやすくなります。
本文をよむ

比較試聴を集中的におこなうとそれぞれの機器の性能や個性がわかってきます。デノン、ヨシノトレーディング、マランツ、エソテリックなどのブースをまわりました。
本文をよむ

演奏家と楽器とコンサートホールのすべてが重要です。音源と機器とリスニングルームのすべてが重要です。ベストバランスをさがします。
本文をよむ

適切な場所におくだけでルームチューニングができます。音がクリアになり、音像定位がよくなり、音場がひろがります。臨場感を味わえます。
本文をよむ

雰囲気のよさと高解像が調和し、音像定位と臨場感ががすばらしいです。あらゆるジャンルの音楽をきびきびとかなでます。ニアフィールドリスニングに最適です。

本文をよむ

さまざまなスピーカーがあります。比較試聴すると、スピーカーの個性や性能がわかります。

本文をよむ

DIATONE と TANNOY、そして FOCAL をききました。スピーカーには、原音忠実型と雰囲気重視型があります。両極端の音を比較試聴してみると両者の中間的な音もよくわかってきます。

本文をよむ

約 140 年におよぶオーディオの歴史をふりかえりました。ステレオレコード、CD、インターネット配信は大きな技術革新でした。オーディオ文化、オーディオ芸術が発展していきます。

本文をよむ

OTOTEN 2018 にいってきました。オーディオ・アクセサリーでは、ジークレフ音響 WELLFLOAT BOARD と AIRBOW  波動ツイーターが印象的でした。

本文をよむ

ワンポイント録音と TAD & CHORD により、リスニングルームがコンサートホールにかわります。名演がよみがえります。

本文をよむ

■ DAC 搭載アンプ+スピーカー:スマホから一歩ふみこむオーディオライフ

■ アンプ内蔵スピーカー:スマホやパソコンやテレビとつなげるだけで簡単オーディオライフ

■ USB-DAC:ハイレゾ音源もたのしめる PC オーディオ

■ ミュージックプレーヤー
:スピーカーとつなぐだけでスマホも CD もたのしめる

■ クリーンな電源:オーディオのベースは電源にあり


高速レスポンス。原音楽再生。完成度のたかい原音忠実型の高性能なスピーカーでした。

本文をよむ

新世代フォーマット MQA をつかった高音質ハイレゾストリーミングが普及しつつあります。

本文をよむ

ニアフィールドリスニングに適したおすすめ小型スピーカー(ブックシェルフ型スピーカー)を紹介します。音のバランス重視で選択しました。


本文をよむ

ニアフィールドリスニングに適したおすすめ小型スピーカー(ブックシェルフ型スピーカー)から、アンプ内蔵スピーカー(アクティブスピーカー)を紹介します。音のバランス重視で選択しました。

本文をよむ

低音域を拡張すると音楽の空気感がかわります。音楽に厚みと潤いがくわわります。音楽が全身で感じられます。

本文をよむ

どちらかというと原音忠実の TAD、雰囲気重視の Focal でした。

本文をよむ

スピーカーには、雰囲気重視のものと原音忠実のものがあります。実際に試聴して、自分のすきなサウンドがだせるスピーカーをさがすとよいでしょう。

本文をよむ

あなたのリスニングルームであなたがきいてみずから判断することが大切です。ショップや評論家の評価は参考程度にとどめた方がよいです。

本文をよむ

クリプトンのスピーカーは原音忠実、フォステクスのそれは雰囲気重視です。

本文をよむ

電源からくるノイズをカットし、音質を大きく改善します。オーディオ・システムにおいて電源の影響は意外に大きいです。

本文をよむ

↑このページのトップヘ